海外と日本の教育の違いって何だろう??

私自身日本で育ちましたが、カナダのバンクーバーに6か月間過ごした経験があります。そこで非常に感じたのは、教育の違いでした。文化の違いでもあるのかもしれません。バンクーバーには自然が非常に広がっていいて、なおかつ住みやすさがありました。また、ディスカッション(自分の意見)をいう授業が多く、アウトプットのトレーニングが日本よりも多いと感じました。

現在、グローバル化を急速に進んだことで、就職や転職に英語能力が非常に重視されています。バイリンガルであるというだけで、仕事が見つからないということはないと思います。日本の教育もその影響をかなり受けています。英語の苦手意識は、将来のキャリアに深くかかわることは明白だと思います。現在では、小学校から英語の授業が義務化されたことで、いろいろな話題が上がりました。モンスターペアレンツ対応に追われる先生の負担がさらに増えたとか、日本語をちゃんとやらずに英語を学ぶのはどうなのかなど、意見はたくさんあると思います。

日本の教育のいいところ、海外の教育のいいところ、どちらもありますが、違いは何なのでしょうか?また、現在では、デジタル化やIT化する教育メディアも非常に注目を浴びています。英語教育だけではなく、IT化やデジタル化に驚くと思います。動画やインターネット、たくさんの媒体(メディア)を使った教育は、子供たちに本当に良い教育なのでしょうか?ITの分野で日本の教育は後れを取っているのではないかと、思うこともありますよね?

 

しかし、本当に大切なのは、子供がどんなふうに育ってほしいのかを、明確に持つことだと思います。海外と日本の教育の違いを知ることで、新たな価値観を手に入れて、子供教育に役立ててほしいと考えています。そのサイトでは、いろいろな方の体験談などをもとにブログにしていきます。ぜひ、あなたの価値観や意見寄せてください。

生命保険の選び方

クレジットカードの即日発行じゃけん